花菖蒲はなあやめ

5月下旬
このまま梅雨に入ってしまいそうな
ムンムンとした湿度です。

梅雨は私の天然パーマが踊りだすから
朝の支度に時間がかかります。

洗濯物も乾き難いし
バスや電車内でも
雑菌たちが繁殖した
なんとも言えない香りも漂いますね。

けど、私は好きな季節。

大好きな雨音が聞こえる

大好きな傘に雨が弾く音が聞こえる

田んぼから元気なカエルの鳴き声が聞こえる


朝の登校時間には
小学生のカラフルな傘の列

水たまりで長靴チャプチャプして列を外れ置いていかれる男の子

そんな些細な事に生きてる幸せを感じやすい季節かなー。


今日の1枚は
ある句を思い出させてくれました。

【花菖蒲】
わが恋は人とる沼の花菖蒲



泥沼から抜けられないあやまちの恋についての歌


しょうぶ とも読みますが、
今回はあえて あやめと詠んでいます。


切なさ
孤独
罪悪感

そんな傲慢でわがままな女性の姿ですが、
見方を変えると
一番弱い存在なのかもしれませんね。


万華鏡デザイナー miroku36

36 miroku 万華鏡サロン&万華鏡セラピー

万華鏡の穴をのぞいて観ると本来の自分を取り戻す事ができるかも。万華鏡に未知なる可能性を!

0コメント

  • 1000 / 1000